取引所に置いたままは危険!

仮想通貨は、ブロックチェーン・テクノロジーという「分散型台帳」によって安全性が確保されています。情報を分散して保管することにより、1か所だけハッキングしても必要な情報を得られず、また全ての情報をハッキングすることは事実上不可能ですから、仮想通貨は安全だと言えるのです。「ちょっと待って!、何百億円分もの仮想通貨がハッキングされたでしょ?」と疑問を持つ人も多いと思います。たしかにハッキングによって多額の仮想通貨が流出しました、でも、それは「取引所に置かれた仮想通貨」です。多くの取引所では取引をスムーズに進めるために「オフチェーン」と言って、一時的にブロックチェーンによる保護を外した状態で取引を行っているのです。ですから、取引所で買ったままにしておくと、ずぅ~っとオフチェーン状態で保管することになり、お勧めできません。

自分専用の「ウォレット」を持とう!!

購入した仮想通貨は、自分専用のウォレットに保管することをお勧めします。ウォレットは、大きく分けて5種類あり、安全性や仮想通貨を出し入れする頻度によって使い勝手が変わってきます。

お勧めは「ハードウェアウォレット!!」

「ハードウェアウォレット」は、一見するとUSBメモリーのような形状で、仮想通貨を取引する時はPCに接続して使用します。ウォレット内に仮想通貨アクセスに必要な「秘密鍵」を内蔵していますので、普段はPCから外して保管しておけば、オフラインの「コールドウォレット」になり、強力なハッキング対策になります

しっかり管理して、安全に運用しよう!

実体のない仮想通貨だからこそ、しっかり管理する必要があります。しっかり管理して、安全な運用を!仮想通貨ライフを楽しみましょう!

仮想通貨は、円やドルなどの法定通貨と同じ機能を持ちつつ、偽造できない仕組みが施されている電子データです。インターネット上で法定通貨との交換ができ、電子決済機能も備えているので、財布は不要です。