ウェブ制作はエンジニアが必要なのは事実

ウェブサイトを活用してマーケティングやブランディングなどの戦略を立てる企業が増え、ウェブ制作の担い手が重宝されるようになってきました。素人ではウェブ制作をすることはできないのは確かで、特にウェブプログラミングをする上ではエンジニアの寄与が欠かせません。アクセスしたユーザーの挙動を解析したり、その結果に応じて自動的にウェブの表示内容を変更したりするなど、マーケティングやブランディングを進めるのに効果的なアクションを自動的に起こせるようにするにはウェブプログラミングの技術が必要なのは事実です。ただ、ウェブ制作に関わっていくにはエンジニアにならなければならないのかという点には疑問を持った方が良いでしょう。

エンジニアだけではウェブ制作はできない

現実的にはエンジニアだけではウェブ制作をすることは困難です。幅広いスキルを持っているエンジニアなら一人でもウェブ制作を遂行できる可能性がありますが、基本的にはウェブプログラミングができるだけではウェブサイトを完成させることはできません。ウェブデザインを手掛けるデザイナーや、イラストを作成するイラストレーター、CGを作るCGクリエイターなどの色々な専門家がウェブ制作には関与しているのが一般的です。何か活かせるスキルがあればウェブ制作の担い手として活躍できる可能性があるでしょう。全体と統括するディレクターも欠かせないものなので、編集系の仕事をしてきた人もウェブ制作で本領を発揮できる可能性があります。

ホームページは様々な言語を使って作り込んでいきます。その言語を記述することをコーディングと言います