理論上は可能だといわれている

一般的にLEDの寿命は10年といわれていますが、本当に10年使えるのでしょうか。理論上は可能だといわれています。平均的にLEDの寿命は4万から5万時間利用が可能とされており、1日8時間使用して5千日から6千日程度寿命がある計算です。そのため、計算上では10年以上利用が可能とされています。ただし、利用する家庭の状況や利用する頻度によって、多少利用可能な年数が異なることは事実です。利用する場所が薄暗く、昼間でも電気をつけていなければならない場合は寿命は短くなります。反対に普段からあまり使用する機会の多くない場所の場合には、10年よりもさらに長い期間使用が可能です。使用する頻度や場所によって寿命は長くも短くもなるため、場所の確認を忘れないようにしてください。

10年たたないのに壊れることがある理由

LEDは理論上10年持つといわれていますが、まれに10年たたないうちにつかなくなってしまう場合があります。なぜつかなくなってしまったのか、理由として挙げられているのは放熱性の低い照明器具を使用していること、湿気の多い所で使用していること、粗悪なLEDを使用している可能性だといいます。LEDの電源部分には放熱するためのヒートシンクがつけられていますが、放熱性が低い照明器具を使うと放熱できずに壊れてしまいます。また、湿気にとても弱い為、水がかからなくても内部に湿気が届くと故障の原因になりやすいです。さらに販売当初に購入した場合、販売当初は粗悪な海外製品が販売されていたこともあるため、粗悪品を使用していると故障の可能性が高いといいます。

ledパネルとは、LED(発光ダイオード)をバックライトとして用いることで表示面が明るく照らされたパネルの事を指します。展示会・説明会などでよく使われます。