本当に壊れたのか確認する

使っているスマホが故障したと思った時は、直ぐに修理業者に持っていくのではなく、まず本当に壊れたのか確認することが大切です。なぜなら、故障ではなく単純な不具合で動かなくなっているケースもあるからです。ソフトウェアの不具合なら再起動することで元通りになることもありますし、水没した場合は少し時間を待ったら使えるようになることもあります。直ぐに修理業者に見てもらうと、業者に行く時間も交通費もかかりますし、業者によっては診断をしてもらうのにもお金がかかってしまいます。画面が割れたなどの物理的な故障は直ぐに持っていくことをオススメしますが、急に画面が真っ暗になって動かなくなった場合などは、再起動や少し待って元に戻らないか確認してみましょう。

バックアップを取ってあるか確認する

メーカー修理を使ってスマホを修理する人は、バックアップをちゃんと取り終えているか確認することが大切です。理由はメーカー修理だと内部データは修理をする過程で失われてしまうからです。修理が終わったスマホを受け取ったときに、以前使っていた状態に復元したいならバックアップは必ず必要となります。例えば、動画や画像などのデータは、外部記憶装置に保存したり、クラウドサービスを使ってネット上に保存しておくと安心です。また、SNSを使っている人はそのアカウントのIDとパスワードを控え、スマホのゲームアプリを使っていた方は、データ移行が出来るように設定をしておくと修理後の復元がスムーズに出来ます。

スマホ修理の心斎橋店の中には、市内を中心に出張引取りとお届けを一緒に行う所があります。預かり後に店舗で故障診断を行い、電話で見積り金額を伝えてから修理します。