スマホ修理店の種類とは?

スマホを落として画面が割れてしまったり、動作がおかしかったりと修理が必要になったときにどこで直せばいいのか悩むこともあるかもしれません。スマホを修理するお店には、正規修理店と非正規修理店の2種類があることは知っていますか。まず、正規修理店は大手キャリアのショップやメーカーに認可されているお店のことを指しています。そして、街中に存在するスマホ修理専門ショップは非正規修理店と呼ばれています。どちらのお店もメリットとデメリットがあるため、自分の希望に合ったお店を選択してスマホ修理を行うと安心でしょう。

正規修理店の特徴とは?

正規修理店では純正部品を使用して修理を行うのが特徴です。また、修理中に使用する代替機の提供や、スマホを購入する際に保証または補償サービスなどに加入していれば代金サポートを受けることも出来ます。修理に出す際の注意点では、スマホのデータをあらかじめ自分でバックアップしておく必要があることや、修理期間が長くなる点があげられるでしょう。また、スマホの種類によっては正規店が少なく来店しにくいというデメリットもあります。

非正規修理店の特徴とは?

非正規修理店で修理を行う際の何よりの特徴は、基本的にデータを消さずに修理が出来る点です。また、店舗への予約なども必要なく、正規店とくらべて修理に時間がかからないため手軽に来店することが可能です。非正規修理店ではリサイクル部品や輸入部品を使用して修理を行うため、純正にこだわりがある人には注意が必要です。総務省登録修理業者の登録が行われている非正規修理店を選ぶと安心して修理に出すことが出来るでしょう。

スマホ修理の京橋店は、接客がとても丁寧なことでも知られています。説明一つにしても、より具体的で相手にわかりやすく話をしてくれます。